愛犬家にどうしても知ってほしい長生きの秘密

犬の食物アレルギー|症状から対策、自宅でできるケア方法とドッグフードの選び方

愛犬のアレルギーは、ヒトと同様に増えてきています。

特に食事で引き起こされる食物アレルギーは、飼い主様の心配の種。

かゆがる犬を見るたびにつらくなります。

家庭でできるケア方法や食事管理の方法を解説し、ペットの健康をサポートいたします。

食物アレルギーの仕組み

いぬ先生

犬の食物アレルギーは、主にリンパ球によって引き起こされることが特徴です。

離乳時期前後にミルクから食物に変り、まだ身体が未成熟な状態の時にアレルゲン物質に感作反応を起こすことで、食物アレルギーを獲得します。

1度アレルゲンに感作すると、その物質を体内に取り入れるたびに症状が出るので、季節性がありません

離乳期に、ドッグフードを食べないからと様々な商品を試すことは、非常に危険です。

アレルギーを多品種にわたり獲得してしまう可能性があります。

それなら、離乳時期は低アレルゲンのドッグフードにすれば良いかというと、そうとも言い切れません。

離乳時期に低アレルゲンのドッグフードを与えることは、アレルギーを獲得する可能性を低下させるため、一見理屈に合っているように思えます。

でもそれは、上手くいけばという前提です。

低アレルゲンのドッグフードは、タンパク源としてラムやターキー・サーモンを主原料としています。

仮に、このような低アレルゲンの食材に対してもアレルギーを獲得してしまうと、牛や豚、鶏といった一般的な食材でもアレルギーを獲得してしまう可能性があるのです。

何でもあげたいところですが、離乳時期が過ぎてからにして下さいね。

いぬ先生

低アレルゲンにもアレルギーを獲得してしまうと、療法食として与える食材が限られてしまい、今後の食生活において難しい状況が予想されます。

食物アレルギーは、病気自体を直すことは困難ですが、アレルゲンになる食材を食べないようにすれば症状は出なくなります

ドッグフードは、何がいいかよく吟味して選びましょう。

特に離乳期の最初のドッグフードは、細心の注意をはらいます。

いぬ先生

個人的におすすめするとしたら、食材数の少ないシンプルな材料で作られたグルテンフリーフードが良いと思います。

食物アレルギーの症状

食物アレルギーは、多くが1歳未満で発症します。

最初は局所的だったものが、次第に全身へと皮膚のかゆみが及びます。

主な症状は皮膚疾患

食物アレルギーの皮膚疾患
  • 顔(目、口先、耳)
  • 背中
  • 足先
  • お腹
  • 肛門周辺
  • 腰回り

全身をかゆがり、皮膚表面が炎症するので化膿する事もあります。

ウンチの回数

食物アレルギーは、消化器系に作用することもあります。

他の病気も疑われる場合もあり、総合的な診断が必要です。

  • 嘔吐
  • ウンチの状態が悪い
  • 回数が多い

ウンチの回数は見落としがちな症状ですが、消化器系に現れた食物アレルギーの可能性があります。

アレギーの原因物質

食物アレルギーは、食材中に含まれるタンパク質を原因として発症します。

原因物質を口から摂取しなければ、アレルギー症状が出ることはありません。

原因物質を特定し、特定タンパク源を食べないようにする食事制限が有効な治療法です。

症状が出てしまったら

食物アレルギーが疑われた場合、原因食材の目星をつけます。

食物アレルギーは、今までに食べた事のあるタンパク質に対する過剰反応による病気です。

グルテンフリーのフードを試す

例えば、ドッグフードのパッケージに記載されている原材料を見て、小麦があったらグレインフリー、もしくはグルテンフリーのフードに替えます。

グルテンフリーとは、主に小麦のタンパク質を除いたフードです。

小麦は食物アレルギーの原因になることが多いため、バラエティに富んだグルテンフリーフードがたくさんあります。

新陳代謝の関係上、1~3ヶ月ほど試し症状が出なければ穀物由来のタンパク質が原因です。

そのドッグフードを与え続ければ、症状の緩和もしくは出ない状態を維持できるでしょう。

<参考記事>
【獣医師監修】アレルギーでお困りのワンちゃんにおすすめするグルテンフリードッグフード6選

新奇タンパク質のフードを試す

新奇タンパク質のフードに切り替えて再度2ヶ月様子を見ます。(新奇タンパク質とは、今まで愛犬が食べたことがない食材のタンパク質)

今まで食べたことがなければ、アレルギー症状は出ないとする基本的な食物アレルギーの治療方法です。

いぬ先生

食物アレルギーを患う犬は、複数のアレルゲンを持ち合わせていることも少なくないので、原因食材の特定が大変です。

低アレルゲンのドッグフードに変えたとしても、症状がよくならないこともあります。

ときには専門家の力を借りることも必要です

病院で診療を受ける

色々試してもアレルギー症状が緩和されない場合は、一度病院で診察を受けることをおすすめします。

信頼できる獣医師をしっかりと選びましょう。

保険の加入は本当におすすめです

いざという時に困らないように保険の加入は、本当におすすめです。

月額1000円台から気楽に加入できるタイプもあるので検討されてはいかがでしょうか。

年間の掛け金が総額一万円程度でも、数十万円の3割~で済みます。

無料で保険の比較ができるので、よろしければご参照下さい。

<ペット保険比較サイト>
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

ヒトの一般病院と違い動物病院は自由診療になります。

診察料は、病院によりまちまちです。

筆者

知り合いに足が悪い柴犬を飼っている人がいました。動物病院で手術をすることになり、チタンの関節を入れるからと150万円請求されたそうです。必ず事前に治療費の目安を確認しましょう。

診療費における1つの目安になります。

<アニコム損害保険株式会社>
どうぶつ診療費ドットコム

Ige抗体検査、リンパ球反応検査でアレルゲンを特定する

まず病院では、アレルギーの原因検査を行います。

何のアレルギーが関与しているかの検査です。

Ige抗体検査とリンパ球反応検査を行い、食物アレルゲンを特定し原因物質を突き止めます。

アトピーが疑われた場合、完治は難しく症状を抑えるための対処療法が基本です。

環境因子(花粉、ハウスダストなど)や体質などアレルゲンは多岐にわたります。

医師と治療方針について相談しましょう。

除去食試験

食物アレルギーの場合、原因食材を特定し除去食試験を行います。

食物アレルギーは、過去に食べたことがある食材にアレルギー反応を起こします(厳密にはそうとも言い切れませんが)。

今まで食べていたフードを一切やめて、除去食フードを使用した除去食試験を行います。

症状が出なくなったことを確認しながら、1つ1つの原因物質を特定し愛犬のアレルゲンを特定していきます。

食物アレルギーは、原因物質の特定・除去が最善の治療方法です。

最良のドッグフードを選びましょう

原因の特定ができたら、アレルギーの原因にならない最良のドッグフードを選んであげましょう。

手作りごはんも、選択肢の1つとして検討してもいいかもしれません。

毎日作るのは大変なので、週の何日かをドッグフードに、何日かを手作りごはんにすると負担なく実践できるのではないでしょうか。

つらい症状を開放できた飼い主の努力は、愛犬が一番わかってくれます。

努力が報われることを信じてがんばりましょうね。

筆者

僕も過去に、アレルギーの犬を飼っていました。つらさは凄くわかります。薬を飲ませ続けることで症状は軽くなり、14歳まで生きてくれました。アレルギーだからといっても短命ではありませんよ。
<関連記事>
アレルギーでお困りのワンちゃんにおすすめするグルテンフリードッグフード7選【獣医師監修】アレルギーでお困りのワンちゃんにおすすめグルテンフリードッグフード7選 ドッグフードトッピングドッグフードトッピング|食いつきの悪い犬や肥満犬にもおすすめのチョイ足し14選&奥の手+1

<参考記事>
犬の食物アレルギーについて(埼玉県獣医師会)

まとめ
  • 食物アレルギーは離乳期前後にアレルギーを獲得することで発症する
  • 離乳期のドッグフード選びは慎重に
  • 症状は基本的には皮膚症状のみ
  • 消化器系にも作用する場合がある
  • 1日3回以上ウンチをする場合は食物アレルギーの疑いがある
  • アレルゲン物質を除去すると症状が緩和もしくは発症しない
  • アレルゲン物質の特定と除去が治療法
  • 食物アレルギーは治らないが症状を抑えることは可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA