愛犬家にどうしても知ってほしい長生きの秘密

ドッグフードの選び方|成分や原材料、危険な添加物を丁寧に解説します

ドッグフードの原材料は、すべての原材料表示が義務づけられています。

牛肉やトウモロコシ、ラム肉とかは聞き慣れているけど、トコフェロール って?没食子酸プロピル??

原材料や成分、添加物の役割について何が危険で何が安全なのかを1つずつ解説し、愛犬が健康で長生きするのに役立つドッグフードの選び方をご紹介します。

高品質なドッグフードとは

高品質なドッグフードにはいくつか条件があります。

勘違いしやすいポイントは、

よく食べるドッグフード=高品質ではない

ということです。

と言うのも、犬は初めて買ったドッグフードを食べないことがよくあります。

食いつきが良いと、「高品質ドッグフード」であると飼い主さんは誤解しやすく、気をつけなければなりません。

犬の食欲を刺激するため、香料や甘味料・ミートオイルなどの危険な添加物が大量に加えられたドッグフードがたくさんあります。

ドッグフードの食いつきやコストを重視するあまり、健康上の影響が軽視されているのです。

スーパーでよく見かける、見た目のきれいな野菜が売られているのと同じ理由ではないでしょうか。

傷やまがりがなく、見ためのキレイな野菜は品質が優れていると思われがちです。

でもその姿・形を作るためにじつは多量の農薬を使用して、虫や病気から野菜を守らなければなりません。

身体に悪影響のある農薬たっぷりの野菜だったら、本当は誰も食べたくないと思います。

健康のため、本当に安心できる安全で高品質なドッグフードを選んであげましょう。

安心できる高品質なドッグフードの条件

  1. ヒューマングレードの原材料
  2. 化学・石油由来 の合成添加物を使用しない無添加ドッグフード
  3. 栄養バランスが優れている
  4. 安全性が高い
  5. 質の良いタンパク質が主原料
安心できるドッグフードを選ぶには、上記にあげた5つの条件を満たす必要があります。

というのも日本では、ペットに関する法律がかなり緩く、危険な添加物を大量に使用してもゆるされてしまう実情があるからです。

ホームセンターなどで売っている多くのドッグフードが、この当たり前の条件ですらクリアされずに販売されています。

人間の口に入るものでなければ、いくら犬が食べるものであっても危険性は考慮されません

飼い主様は、この5つの条件を満たしたドッグフードを選び、愛犬の健康を守ってあげましょう。

1.ヒューマングレードの原材料

高品質なドックフードは、確実にヒューマングレードです。

人間が口にしても食べられる品質であること。

この条件は、絶対に外せません。

人には危険で食べられないのに、犬には安全な食材なんてあるのでしょうか。

人間と犬は、何万年も一緒に寄り添い助け合いながら暮らしています。

愛犬の健康を考えれば、ヒューマングレードの品質を求めるのは当然です。

2.合成添加物を使用しない無添加ドッグフード

ドッグフードの多くは保存性をよくしたり、酸化を抑えるため人間には決して利用しなかったり、禁止されている合成保存料合成添加物大量に使われています。

高品質なドッグフードは、決してこのような危険な添加物を使用していません。

無添加ドッグフードの定義は?

無添加ドッグフードとは、ペットフード公正取引協議会が定めたペットフードの表示に関する公正競争規約及び公正競争規約施行規則 によると

「無添加」、「不使用」又はこれらに類似する用語は、無添加である原材料名等が明確に併記され、かつ、当該原材料につき、次のア又はイの基準を満たす場合に限り、表示することができる。

ア添加物以外の原材料に係る表示については、ペットフードの全ての製造工程において当該原材料が使用されていないことが確認できる場合

イ添加物に係る表示については、当該添加物につき、ペットフードの表示のための添加物便覧に記載された添加物(加工助剤、キャリーオーバー及び栄養強化目的で使用されるものを含む。)を一切使用していないことが確認できる場合

「出典:ペットフード公正取引協議会

無添加と製造上はっきりしてれば無添加と表記でき、何が含まれていないのかを明確にする必要があります。

例えば、「合成保存料無添加」や「合成着色料無添加」などですね。

さらに2009年に施行された「ペットフード安全法」では、フードに含まれる原材料(添加物も含む)をすべてパッケージへの表示が義務付けられました

3.栄養バランスが優れている

ドッグフードの多くは、ビタミン類やミネラルが添加されています。

なぜわざわざ添加する必要があるのか、疑問に思う人も多くいることでしょう。

総合栄養食

ドッグフードを買う人は、ほとんどが総合栄養食を選びます。

総合栄養食は、その名前の通り、それだけで栄養を満たさなければなりません

水とドッグフードだけ食べていれば栄養的に十分摂取でき、素早く簡単に用意できるのが最大のメリットです。

ドッグフードは、コスト高の理由となるビタミン類を入れなくてもドッグフードは作れます。

しかし、それでは栄養的に不十分になってしまうのです。

ビタミン・ミネラル類を添加する理由

熱加工により失うビタミン・ミネラル類を製造時にあらかじめ添加し、栄養成分を補います。

ビタミン・ミネラル類は、熱に弱い性質のためです。

製造時に材料を熱処理加工すると、ビタミン・ミネラルなどの栄養成分が自然と壊れ失われます。

粗悪な原料を使っているから仕方なしにビタミン・ミネラル類を追加しているわけではありません。

犬の健康維持には欠かせないのです。

犬に塩分は必要?

塩分を添加するのは、単純に栄養素的に足りないためです。

決して、食欲を増すためだとか、保存性を高めるといった理由ではありません。

塩分の過剰摂取は避けるべきですが、犬にとっても適量は必要です

1日の必要量
適量とは、「小動物の臨床栄養学」 で成犬のナトリウム必要量を体重1kgあたり1日50mgと紹介しています。

ナトリウム量に2.54倍すると塩分換算できるので、1日あたりの塩分は体重1kgあたり

50mg×2.54=127mg

体重60kgの犬であればグラム換算すると、

127mg×60÷1000=7.62g

1日当たり7.62g
になります。

人間と同じ?

厚生労働省によると、人間の塩分量の目安は8g未満と言われているので、ほとんど変わりません。

犬の塩分摂取目安に諸説あるのは、そもそもの研究データや論文がほとんど発表されていないためです。

メーカーにより、塩分摂取の解釈に違いが生じてしまい、あるメーカーでは摂取に制限をかけたり、あるメーカーでは療法食にかなりの塩分が含まれてたりします。

塩分の過剰摂取は、避けなければなりませんが、不足すれば、食欲不振など健康にデメリットです。

ドッグフードは、犬の健康を維持するために塩分が添加されます。

4.安全性が高い

ドッグフードは、脂肪分を多く含むため、酸化防止剤を使わなければ品質の劣化が早く、日持ちが全くしません。

そのためドッグフードには、必ず添加物が使用されます。

メーカー側も天然由来の添加物を使いますが、安全性を優先すれば保存期間が短くなるのは仕方がないですね。

脂肪は、酸化すると風味が落ち、犬の嗜好性が低下します。

たとえ食べたとしても嘔吐したり下痢をしたりと健康にも有害です。

天然由来の添加物

いかなる添加物も使ってはダメだとすると、せっかくの高品質な原材料が劣化する可能性もあります。

天然由来の添加物だったらすべてが安全である、とは言い切れませんが消費者のイメージは全く違います。

添加物に限らず、何事もイメージに踊らされない正しい知識が必要です。

愛犬の健康を第一に考え、危険な化学合成添加物の入っていないドッグフードを選びましょう。

天然由来の安全な酸化防止剤

天然由来の酸化防止剤を使うメーカーは、安全性を優先しているといえます。

しかし、天然由来の添加物は、化学合成の添加物に比べると多くが機能面の効果が弱くコスト的に割高です。

天然由来の酸化防止剤

  • ミックストコフェロール
  • クエン酸
  • 緑茶抽出物(カテキン)
  • ハーブ抽出物
  • ローズマリーエキス

5.質の良いタンパク質が主原料

犬にとってタンパク質は、健康な身体をつくり維持するための主要成分です。

タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類あり、犬が体内で作れない10種類を必須アミノ酸といいます。

この必須アミノ酸は、食事から摂取するしか方法がありません。

質の良いタンパク質とは、この必須アミノ酸がバランス良く含まれた原料といえるでしょう。

*補足*

必須アミノ酸とは
必須アミノ酸とは、たんぱく質構成成分のアミノ酸の中で、体内で合成できず外部から栄養として摂取しなければならないアミノ酸のことを言います。
犬に必要な必須アミノ酸10種
  1. アルギニン、
  2. イソロイシン
  3. スレオニン
  4. トリプトファン
  5. バリン
  6. ヒスチジン
  7. フェニルアラニン
  8. メチオニン
  9. ロイシン
  10. リジン

穀物を主原料にするドッグフードは?

コストを削減するためには、穀物を主原料にするドッグフードもあります。

穀物類は、犬にとって消化のいい食材ではありません。

ここで注意したいポイントが1つあります。

ドッグフードは原料を加工する時、エクストルーダーと言う機械で行います。

この機械で加工・発泡処理すると、穀物の消化吸収率は90%以上です。

ドッグフードに加工された穀物類は消化吸収率がとても高く、身体に負担のかかる心配はありません。

食物アレルギーの原因になりやすい

穀物は、栄養バランスの優れた原料でコスト的にも大きなメリットがあります。

しかし、犬にとっては食物アレルギーの原因になりやすいので注意しなければなりません。

特に小麦は、アレルギー反応を起こす犬が多いようです。

ウンチの回数が多かったり、下痢の時はアレルギー症状の可能性も考えられ、ドッグフードを切替える必要も出てきます

<関連記事>
犬の食物アレルギー|症状から対策、自宅でできるケア方法とドッグフードの選び方

残留農薬が心配

また、作物栽培時に大量の農薬を使うので残留農薬も心配です。

無農薬で飼料用作物を作ることは、まずありません。

まして牛や豚の飼料とは違い、人の口に入らないドッグフード用の作物です。

規制が緩いのは当然で、通常使用よりも多い農薬が使われていることは想像にかたくありません。

安心できる高品質なドッグフードは、残留農薬の心配がなく、ヒューマングレードの厳選した食材を使っています。

グルテンフリーは必要?

グルテンフリーのドッグフードも多く発売されていますが、その必要性は意見が分かれるところです。

グルテンとは、小麦などの穀物を精製して得られる純度の高いタンパク質のことで、食物アレルギーの原因といわれています。

小麦アレルギーの犬には、グルテンフリーのドッグフードが向いていますが、食物アレルギーを獲得していない犬であれば、グルテンフリーのドッグフードにかえる必要はありません。

小麦アレルギーの予防のために与えてもいいでしょう。

選んではダメなドッグフード

ドッグフードは、化学合成保存料・合成着色料、香料(ミートフレーバーなど)を大量に使っています。

では、なぜ危険な化学合成添加物を使うのかというと、犬の食欲を刺激し食いつきを増すためと、コスト的な問題によるものです。

安い原材料で食欲を刺激するには、オイルコーティングによる脂肪の甘みを加えたり、強力なお肉の匂いを香り付けする必要があります

犬は味覚が敏感ではありませんが、脂肪の匂いや甘みは比較的感じ取ることができるので、安価な方法が多くとられているのです。

危険なドッグフードの様々な弊害

危険な添加物・材料が入ったドッグフードを食べさせると病気が心配になります。

人間には使用が禁止されている添加物も多くあり、それらを長期間摂取していれば、もちろん内臓に負担となり、ガンの危険性が高くなるのは当然です。

発がん性のある添加物を使用したり、食性を刺激するための不必要な香料の使用も危険性が高く、悪影響があります。

化学物質や、過剰添加物によるアレルギー、アトピー性皮膚炎も近年多くなってきた病気のひとつです。

それらすべてがドッグフード由来であるとはいえませんが、健康に強く影響を与えていると考えられます。

高品質なドッグフードはなぜ必要なのか

高品質なドッグフードはヒューマングレード。

人間が口にできるほど高い品質の材料を使っているため安心です。

犬の死因であるガンや、生まれた時から持っている先天性疾患は、化学合成添加物の影響を強く受けていると考えられます。

少量使用のため、影響は軽微で関係性はないといえるかは疑問です。

明確な根拠や長年にわたる追跡データがあれば誰もが納得します。

少量1種類であれば影響は少ないと言うデータはありますが、3種類4種類と複合的に使用された実験データは当然ありません。

安心・安全で高品質なドッグフードを選び愛犬の健康に役立てましょう。

ドッグフードに含まれる危険な原材料

4Dミート

  1. Dead(死亡した)
  2. Dying(死にかけだった)
  3. Diseased(病気の)
  4. Disabled(障害があった)
4つの頭文字にちなんで4Dミートと呼ばれています。人間が食用とするには適さない肉をペットフードに加工し、本来は廃棄処分レベルです。

環境省のホームページにもはっきりと明示されているのでご紹介します。

農林水産省

レンダリング施設

聞き慣れない言葉ですがわかりやすくいうと、お肉のリサイクル工場です。

この4Dミートがレンダリング施設でペットフード用の加工肉として生まれ変わります。

パッケージ表記に4Dミートとは成分表示されません。

実際には

  • 鶏はチキンミール
  • 豚はポークミール
  • 牛はミートミール
  • 肉骨粉はミート&ボーンミール
などです。

国産ドッグフード

4Dミートは、多くの国産ドッグフードにも使われています

4Dミートが使われていたとしても安全性が損なわれている訳ではありませんが、大切なペットに食べさせるのは道義的に違和感があります。

衛生面はクリアできたのでしょうが、感情面の配慮は全くされていません。

しかも、仮に病死した牛がレンダリング施設へ送られたとしても、それが何の病気で死亡したのか調査はされないでしょう。

単に家畜が死亡したため、レンダリング施設に原料として移送しリサイクル加工されるだけです。

病死した動物の肉を長期的に食べる影響もわかりませんし、データもありません。

4Dミートを原料にしたドッグフードは、珍しくないので原料表示は注意して見ましょう。

原材料に不明な点がある場合には、メーカーに問い合わせるのも1つの方法です。

化学・石油由来の合成添加物

ペットフード安全法により人間には使用できない危険な添加物が上限値を設けることで使用することができてしまいます。

単独での危険性が報告されているものもありますが、複合的に使用された場合、悪影響は未知数です。

酸化防止剤

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

発がん性が確認され、現在では食品に対する使用は禁止されています
ラット実験では、95%以上の確率で胃か膀胱に腫瘍の形成が確認されていますが、ペットフード安全法では使用制限つきで使用可能です(150μgg以下 )。

BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

食品への使用は限定的に認められていますが、膀胱や甲状腺ガンを誘発するといわれています。

ペットフード安全法では使用制限つきで使用可能です(150μgg以下)。

エトキシキン

ベトナム戦争で米国が枯れ葉剤の原料として使用していたことからその毒の説明は必要ないでしょう。

日本の法律で食品への使用は許可されていませんペットフード安全法では使用制限つきで使用可能です(75μgg以下 )

保存料

ソルビン酸カリウム

人間が食べる食品にも広く利用されていますが、他の添加物との併用による発がん性が報告されています

発色剤である亜硝酸ナトリウムとの併用が特に問題視され、避けたい添加物の1つです。

着色料

二酸化チタン

食品を白くするのに使用され、強い発がん性が指摘されています。

人間が食べる食品にも多く使用されおり、アメリカ癌学会が最も発がん性の強い物質の1つに指定した添加物です。

赤○号黄色○号など

消費者受けを狙い発色を良くするために使用されます。

犬は、色の認識があまりできないといわれており、ドッグフードの発色は犬の食欲をそそる要因にほとんどなりません

ペット先進国のアメリカでは、すでに発がん性が認められている物もあります。

亜硝酸ナトリウム

食肉の赤みの発色を良くするために使用されます。

発がん性も報告されており安全性への疑問強まっていますが、 ペットフード安全法では使用制限つきで使用可能です(100ug/g以下 )。

ドッグフードの保存方法

ドッグフードは賞味期限が長いことが多いので、保存方法が無頓着になりがちです。

健康な身体を維持するためにも、保管方法を厳重にしなければなりません

すぐに酸化し品質の劣化を招きます。

ドッグフードの賞味期限は、ほとんどが1年以上ですが、開封後は1ヶ月を目安に使い切りましょう

というのも、犬の食欲を刺激する一番重要な要素である「匂い」が長期の保管により飛んでしまったり、油の酸化により悪臭を放つ可能性があるからです。

保管方法はジップ付きパックに小分けして、冷暗所に保管します。

酸化による食品のダメージを最小限にすることで、風味の損失を抑えましょう。

犬の嗅覚

人間の100万倍から1億倍といわれる犬の嗅覚は、酸化した食材の匂いには敏感に反応します。

食いつきが悪くなり、すぐにとそっぽを向いてしまうでしょう。健康にも良くありません。

無添加高品質ドッグフードのコストは?

高品質ドッグフードはどうしてもコスト面で高くなります

良質なタンパク源を使ったり、ヒューマングレードの材料を使えば費用がかさみ、商品価格が高くるのは仕方がありません

ドッグフードは、通常ホームセンターや量販店に並べられて、消費者に購入されるまで適切に在庫管理されます。

商品として売れずに残れば、不良在庫として処分・廃棄しなければなりません。

店頭に商品を置くには、保存料や防腐剤などの化学合成添加物を使い賞味期限を伸ばし在庫期間を長くする事が必要です。

必然的に合成保存料無添加のドッグフードは、保存期間が短いためホームセンターや量販店では受け入れが難しくなってしまいます。

通信販売による直接販売

合成保存料や防腐剤の無添加ドッグフードは、メーカーの直接販売が主流です。

製造から販売・購入までの期間が短く、店頭在庫のために保存期間を伸ばす必要もありません。

無添加ドッグフードは通販なので賞味期限を伸ばさなくてもいいのです。

無添加のドッグフードには、愛犬の食事を素早く簡単に用意したり、安全な食材による健康管理もできます。

コスト的に毎日続けるには少し高いかも知れませんが、身体に悪いドッグフードを食べさせて病気になってしまえば元も子もありません。

安全な食材を使う無添加ドッグフードには、コストを払う価値が十分にあると言えるでしょう。

動物病院の診療費は?

動物病院は、自由診療なので医療費はピンからキリまで様々です。

時には、かなり高額な医療費がかかってしまう場合もあります。場合によっては、100万円以上かかってしまうこともあるようです。

極端な例とはいいきれません。診療費のを事前に調べたり、他の病院へ変更することも時には必要です。

安心・安全な無添加高品質ドッグフードををあげて、愛犬の健康管理にぜひ役立てましょう。

保険の加入

ペット保険に加入していれば、いざ愛犬に手術が必要になり、高額な医療費を請求されることになっても、金銭を理由にあきらめる必要がありません。

月額1000円台から入れる保険も。

比較しながら、無料で資料一括請求できます。
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

診療費の目安にご参考下さい。

<アニコム損害保険株式会社>
どうぶつ診療費ドットコム

ドッグフードを食べない時

新しく買ったドッグフードを愛犬が食べてくれない可能性もあります。

そんな時は、ドッグフードにトッピングをしたら食べてくれるかも知れません。

食いつきが悪い商品も1品追加するだけで今までと全然違うなんてことも。

ドッグフードを食べない時に、食いつきを良くするためのトッピングをご紹介します。

キャベツ

キャベツを細かく切り軽くお湯でボイルした物をドライフードにトッピングしてください。

キャベツは犬が大好きな食材で、オススメの食材です。

鶏のササミ肉

お湯でボイルして小さく切ってから、トッピングしてあげましょう。

ドッグフードの栄養バランスが崩れてしまうので、あげすぎに注意します。

牛すじ肉

お肉を圧力鍋でじっくり煮てトロトロにしてから、ドライフードにまぜてあげます。

低脂肪高タンパクでコラーゲンたっぷりの食材です。

牛肉の匂いが愛犬の食欲を刺激します。

<関連記事>
ドッグフードトッピングドッグフードトッピング|食いつきの悪い犬や肥満犬にもおすすめのチョイ足し14選&奥の手+1

犬のウンチの状態を確認する

ウンチは健康のバロメーターです。

しっかりと状態や固さを確認しましょう。柔らかすぎたり下痢状である場合いくつかの原因が考えられます。

新しいドッグフードで、消化不良が!

ドッグフードになれていないため、消化器官の負担になっています。

犬は、意外と繊細な動物です。飼い主さんの少しの優しさが愛犬の寿命を確実に。延ばします

少しずつ量を増やして、内臓に負担をかけないように上手に切替えましょう。

対処法

1週間~10日とゆっくり時間をかけてドッグフードを切替えます。

もしウンチの状態に改善が見られない場合は、低脂肪食に切替えて下さい。

脂肪分が愛犬には高すぎるため消化不良を起こしていると考えられます。

日本犬は、脂肪分の消化があまり得意ではありません。

低脂肪食は、身体の負担が少ないので食事をあらためて見直しましょう。

1日3回以上ウンチをする

ウンチを1日3回以上する場合は食物アレルギーを起こしている場合があります。

そのフードを与え続ける限り症状の改善は見込めません。

<関連記事>

犬の食物アレルギー|症状から対策、自宅でできるケア方法とドッグフードの選び方 下痢におすすめのドッグフード7選【獣医師監修】下痢におすすめのドッグフード7選|お腹がゆるい老犬や子犬のために最適な餌
【いつまでも一緒に暮らすために】
今までのことをすべてふまえて、安全なドッグフードはいかがでしょうか。

食いつきや、目的に合わせてご検討くださいませ。

皆様の愛犬がいつまでも健康で暮らせますように。

犬心 糖&脂コントロール

犬心糖&脂コントロールの特徴

[原産国:日本]
大学や獣医と連携し、開発に約10年かかったスペシャルフード。食欲旺盛なラブラドールに最適です。特別療法食ですが、健康なワンちゃんも健康維持にご利用いただけます。
犬心 糖&脂コントロールは、今だけサンプル200gを無料(送料込)でお試しできます。

<犬心公式サイト>
http://dog-to.com/

<参考記事>
犬心 糖&脂コントロールの口コミと安全性評価

みらいのドッグフード

みらいのドッグフードパッケージ

[原産国:日本]
究極の薬膳レシピを追求した製薬会社開発の漢方ドッグフード。普段から病気になりにくい体質づくりをすることで、いつまでも健康に。グルテンフリー。

みらいのドッグフードは、送料無料、最大40%offの1袋3000で購入できます。

<みらいのドッグフード公式サイト>
https://mirai-dog.com

<参考記事>
みらいのドッグフードの口コミと安全性評価

犬心 消化器ケア

犬心 消化器ケアの口コミと効果・安全性を評価

原産国:日本]
大学や獣医と連携し、開発に約10年かかったスペシャルフード。特別療法食ですが、健康な犬にはもちろん、お腹のゆるい愛犬に最適です。

犬心 消化器ケアは、サンプル200gを無料(送料込)でお試しできます。

<犬心 消化器ケア公式サイト>
https://inukokoro.com

<参考記事>
犬心 消化器ケアの口コミと効果・安全性を評価

Drケアワン

Dr.ケアワンの口コミと安全性評価

[原産国:日本]
健康長寿を目的として開発された、無添加ドッグフードです。コンドロイチンも含有し、元気に動き回る体作りに役立ちます。返金保証もついているので安心してお試しできます。グルテンフリー。

初回購入の方限定で送料無料34%off1,980で購入できます。

<Drケアワン公式サイト>
https://ah-supple.com

<参考記事>
Drケアワンの口コミと安全性評価

馬肉自然づくり

馬肉自然づくり口コミ&評判

[原産国:日本]
馬刺し専門店が開発しているため良質な馬肉をふんだんに使っています。安全性に絶対の自信、スタッフが品質チェックのため毎日食べているほどです。グルテンフリー。

馬肉自然づくりは、今だけ初回20%offの1袋2400で購入できます。

<馬肉自然づくり公式サイト>
http://kenko-dog.com

<参考記事>
馬肉自然づくりの口コミと安全性評価

このこのごはん

このこのごはんの安全性や口コミ

[原産国:日本]
安全性、食いつき、コスパと3拍子すべて揃った国産ドッグフード。乳酸菌も含有し健康維持に役立ちます。グルテンフリー。

このこのごはんは、初回送料無料15%off、1袋2980で購入できます。

<このこのごはん公式サイト>
https://konokototomoni.com

<参考記事>
このこのごはんの口コミと安全性評価

ナチュロル

ナチュロルドッグフードの口コミと安全性評価|材料の全成分、悪評や食いつきもご紹介します

[原産国:日本]
グレインフリーの国産ドッグフードなので、アレルギーの愛犬にもオススメです。ビタミンC・乳酸菌の含有効果により、身体の内側から健康を支えます。

ナチュロルは、送料無料100モニターキャンペーンを実施中です。

<ナチュロル公式サイト>
https://reason-why.jp

<参考記事>
ナチュロルドッグフードの口コミと安全性評価

レオ&レア

レオ&レア口コミと安全性を検証

[原産国:日本]
レオ&レアは、愛犬の個性にあったピッタリのフードプランが作れます。写真入りで作れるかわいいオリジナルパッケージも大人気です。グルテンフリー。

初回サンプル 送料無料460でお試しできます。初回購入も送料無料2,450で購入できるキャンペーン中です。

<レオ&レア公式サイト>
https://try.leoandlea.com
<参考記事>
レオ&レアドッグフードの口コミと安全性評価

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

アランズナチュラルドッグフードの口コミや安全性

[原産国:イギリス]
人工添加物・肉副産物・着色料・保存料・香料一切不使用。100%無添加素材だけでつくられ、アレルギー対応のドッグフードになります。

アランズナチュラルドッグフード(ラム)は、最大20%off3168で購入できます。

アランズナチュラルドッグフード
<公式サイト>
http://www.naturaldogfood.co.jp

<参考記事>
アランズナチュラルドッグフード(ラム)の口コミと安全性評価

モグワン

モグワンの口コミ・評判と安全性評価

[原産国:イギリス]
食いつきと健康を徹底的に追求したグレインフリーのドッグフード。余計な添加物は一切使わないため、愛犬の理想的な体調管理ができます。

モグワンは、今だけ初回50%offの1袋1980で購入できます。

<モグワン公式サイト>
https://www.mogwandogfood.co.jp

<参考記事>
モグワンの口コミ・評判と安全性評価

ブッチドッグフード

3種類をラインナップ

[原産国:ニュージーランド]
原材料は、すべて環境規制が世界一厳しいニュージーランド産です。グルテンフリーフードですが、生肉以上の食いつきと栄養素で健康管理はバッチリ。

ブッチは、初回送料無料1374off、特別トライアル3本セットを3000で購入できます。

<ブッチジャパン公式サイト>
https://www.butch-japan.jp

<参考記事>
ブッチドッグフードの口コミと安全性評価